HOME>トピックス>英会話の必要性を感じたら横浜の英会話教室に申し込んでみよう!

日常に潜む英語の必要性について

日本に住んでいると英語を喋る機会は少ないです。学生を卒業した人だと尚更だと思います。ですが、ふとした瞬間に英語が必要になる時があります。どんな時でしょうか?ランキングにしてみました。

英会話の必要性を感じる場面TOP3

no.1

外国人に道を聞かれた時

最近は外国人が日本に観光に訪れる機会が多いです。道を歩いていて外国人に道を聞かれるという経験がある人も多いでしょう。その時うまく道を教えられずに悔しい思いをしたという人は多いです。なのでランキングの一位としました。

no.2

海外に旅行に行ったとき

外国に旅行に行った際、英語圏の国じゃなくても英語が通じる所が多いです。観光地やお店で食べ物を注文したり道を聞いたりする時に英語が役に立ちます。ですが、英語が苦手なので外国に行っても喋る自信がなく、英語がもっと上手ければなと感じる人が多いです。この理由も多いですが、一位の理由と比べて自分から外国に行かないと感じない事なのでランキングの二位としました。

no.3

外国に移住する事になった時

外国に住む事になった場合、どの国に移住するかによって覚えなければいけない言語は違います。ですが、英語は大体の国で通じる事が多いです。少し習っていた人でもさらに勉強しようと思う人は多いです。ですが、外国に移住する人の多くは英語が得意な人も多いので一位や二位の理由よりは下がり、ランキングの三位としました。

アルファベット

自分から積極的に学ぼう

英会話を習う上で気をつけたいことは、自分から積極的に学び取る意識を持つことです。横浜のスクールに通うにしてもオンラインで学習するにしても、すべて講師にお任せという姿勢では、なかなか英語力は向上しにくいでしょう。海外に行きさえすれば英語がペラペラになるわけではないように、自分で地道にトレーニングを重ねることが必要です。語学は慣れがとても重要ですから、日常生活においても常に英語に接するような環境を作るのもいいでしょう。誰かが丸々教えてくれるのであればとても楽なのですが、残念ながらそういうわけにも行きません。自分の言葉で話し、相手の意思を理解するようにして、アクティブに勉強しましょう。

具体的な目標を立てよう

漠然と、英会話ができるようになりたいと希望するのも良いのですが、もう少し具体的な目標を立てると長続きします。例えば検定試験に挑戦するのは分かりやすい目標ですが、もっと身近なものでもまったく構いません。横浜のネイティブの方と会話できるようになる、海外の映画を字幕無しで観る、海外で地元のパブに行くなど、楽しみな挑戦を持っておくと良いでしょう。勉強を続けていると誰でも壁に当たったり、やる気が削がれたりする時期が来ますが、達成したいことがあればモチベーションを保つことができます。また、いつかできれば良いというより、ある程度期限を設けておくのが上達の秘訣です。是非目標達成を目指して頑張りましょう。

広告募集中